公認会計士になるためには?

厳しい雇用環境が長らく続いている日本ですが、少しでも仕事探しの支えになるようにいろいろな資格を取得しようと考えている人は少なくありません。
ひと口に資格と言っても世の中には数々の資格試験があるのですが、その中でも難易度においてトップクラスに位置づけられているのが公認会計士試験です。
企業活動をしていくにあたって会計というものは必須項目にあたるわけですが、その会計の専門家としてその知識は幅広い分野に活かされることが期待されています。
しかしまず公認会計士になるためにはその難易度の高い試験に合格しなければなりません。
その試験科目は財務会計論、管理会計論、監査論といった会計に直接関わる分野もあれば企業法、租税法、民法といった法律分野もあります。
また経営学、経済学、統計学のような学問的分野まで幅広い出題範囲が設定されています。
これらは必須科目と選択科目に分かれているのですが、まず自分の強みを活かせる科目を選ぶことが大切です。