発酵食品のワインについて

あなたは、ワインは好きですか!?このワインですが、歴史はとても古いようですね。
なんと、紀元前6000年ころには既にあったと言うことです。
そのように言われています。
そのあとはエジプトとか、他の国に伝わるようになります。
そして、紀元前3000年頃くらいからワインの生産が始まったのではないかとされています。
(笑顔)このワインですが、神様へ捧げる飲み物だったと言うことです。
(笑顔)そして、その後は生産量が徐々に増えていくようになります。
そして、地中海近辺でワインが生産されるようになります。
そんなワインですが、発酵食品の1つになります。
(笑顔)料理のレシピにも結構ありますよね。
そのくらい人気の飲み物となっています。
(笑顔)ワインを使ったレシピはそれこそたくさんあります。
お肉を軟らかくしたりします。
(笑顔)<赤ワインについて>ブドウを発酵させた発酵食品です。
ブドウの皮や種に含まれている色々な成分が溶け出し全体で「ポリフェノール」と言う成分となります。
『ポリフェノール』この成分も身体に良い成分と言うのが分かっています。
抗酸化作用、アンチエイジング、動脈硬化、脳血栓、心臓に効果があると言います。
それに対して白ワインがありますよね。
これも発酵食品になりますが、ポリフェノールは、そこまで多くないようですね。
逆に酸性度が高いと言います。
※有機酸が含まれています。
その為に殺菌作用が高いと言います。
ですから、お魚や刺身を頂く時に白ワインの殺菌作用が食中毒とか、生臭さを消してくれます。
お勧めします。
(笑顔)