おすすめの薬剤師の転職場所とは?

私は6年間の間薬学部の大学へ通い卒業した後、薬剤師の国家試験に無事合格することができました。
薬剤師の国家試験に合格した後、大学からの紹介で私の地元では有名な病院の薬剤師として働くことが決まりました。
私の父も薬剤師としてまだ現役で働いているため、私自身も父のような薬剤師になりたいと自然に思うようになりました。
父が小さい街の調剤薬局で仕事をしていたときに、父のことがすごく好きだった私は、母が作った手製の弁当を届ける役割を自分から率先してしていた時期があります。
父の仕事をしている姿が好きだったため、私自身心の中で自然に薬剤師になりたいと思うことができるようになったと思います。
新米の薬剤師として働き始めた私は、先輩に仕事について丁寧に教えてもらうことで、確実に薬剤師としてのスキルをみがくことができました。
定年まで働きたいと考えていた職場でしたが、主人と結婚することが決まったため、退職しなければいけなくなりました。
私自身薬剤師の仕事がすごく好きなため、嫁ぎ先で薬剤師転職をすることを決意しました。
薬剤師転職支援サービス活用が転職成功のカギ